中学・高校へ長期留学、卒業を目指す

中学・高校へ長期留学

英語の勉強には長い時間がかかるものです。そのため、2年、3年と長期留学する方が、将来、どのような場面でもより通用するような英語力を得ることになるでしょう。

 

ただ、留学の醍醐味は英語力を伸ばすだけではありません。異文化について知り、学ぶことも重要となってきます。
ニュージーランドは比較的新しい国でもあり、多種多様な国からの移民が住む国です。そのため、学校によっては10カ国、20カ国の国籍を持つ生徒が通っていることも珍しくありません。日本から離れた文化も習慣も異なる国で、様々な国の人達と触れ合うことは、グローバルな視野を養ことにも繋がります。


ニュージーランドの高校へ長期留学!
ニュージーランドの高校へ卒業を目指して長期留学!

無事卒業する頃には、世界中からの友達もでき、親元から離れ一人で海外で頑張ったという自信もつくことでしょう。英語力だけでなく精神的にも大きく成長したお子様の姿を見ることができます。

 

卒業後の進路は?

留学後の進路はどうなるの?と不安に思うかも知れません。

 

ニュージーランドの高校を卒業後は、日本の大学へ進学する子が大半を占めます。ただそれ以外にも、ニュージーランドの大学やポリテクニック(国立の専門学校)に進学する生徒もいますし、アメリカやイギリス、オーストラリアなどの大学に進学したりと、多様な選択肢が選べます。

 

日本の大学の場合は、帰国子女枠で受験をしたり、また海外留学中の経験を生かしてAO入試を受験する子もいます。

 

進学後にも留学したという経験は、大学進学だけでなくその後の就職にも有利に働きます。もちろん大学進学後の頑張りも必要ですが、海外の文化を経験し、しっかりとした英語力があれば、グローバル化の進む日本の企業においても、高く評価されるでしょう。