中学・高校へ長期留学、卒業を目指す

中学・高校へ長期留学

英語の勉強には長い時間がかかります。そのため、1年より2年、2年より3年留学する方が、よりビジネスでも通用するような英語力を得ることができます。

 

また英語力を伸ばすだけが留学ではありません。長く留学するということは、それだけ異文化についての理解が深まることにもなります。
ニュージーランドは多くの移民が住む国なため、学校によっては10カ国、20カ国の国籍を持つ生徒が通っていることも珍しくありません。日本から離れた文化も習慣も異なる国で、様々な国の人達と触れ合うことは、グローバルな視野を養ことにも繋がります。


ニュージーランドの高校へ長期留学!
ニュージーランドの高校へ卒業を目指して長期留学!

卒業まで海外で一人で頑張ったという自信や、世界中から来た友達と過ごした時間はかけがえのないものです。留学が終わる頃には、英語力だけでなく精神的にも大きく成長したお子様の姿を見ることができるでしょう。

 

卒業後の進路は?

 

留学後の進路はどうなるの?と不安に思うかも知れません。でも、ニュージーランドの高校を卒業すれば、日本の高校を卒業するよりも将来の進路の選択肢も広がります。

 

ニュージーランドの高校を卒業後は、日本の大学や専門学校へ進学したり、ニュージーランドの大学やポリテクニック(国立の専門学校)に進学することも出来ますし、オーストラリアやアメリカ、イギリスなどの大学に進学する生徒もいます。

 

日本の大学によっては帰国子女枠で受験ができる大学も多数あり、偏差値の高い大学へ進学できるチャンスにもなるのです。

 

進学だけでなく、進学後にも留学したという経験は有利に働きます。海外で高校を卒業したということは、グローバル化の進む日本の企業においても、海外の文化を受け入れられるという証明にもなりますし、何よりも英語力の面で就職で有利に働きます。