ニュージーランド留学での滞在先
ニュージーランド留学中の滞在先

ニュージーランド留学での滞在先

 

ニュージーランド留学での滞在先で多いのはホームステイとフラット。 どの宿泊タイプを選ぶかは好みによるけど、やっぱり多いのは語学学校に通いながらのホームステイ。 この期間中に少しずつ日常会話に慣れたり、ニュージーランドの文化に馴染んでいけます。
その後、ある程度滞在してニュージーランドの生活に慣れてくると、より自由で気楽なフラットの方に移って行く人も多いです。 もちろんホームステイが楽しければ、そのまま継続していてもOK!その他にも、格安宿のバックパッカーズや学生寮に宿泊するという選択肢もあります。

 

ホームステイ

ニュージーランドの一般家庭で、家族の一員として生活するホームステイ。ニュージーランドに留学する多くの人が、まずはホームステイに滞在します。現地人の家族と一緒に過ごすことで、ニュージーランドの食文化や生活様式を生で体験できるのはとてもいい経験になりますが、もちろんその家のルールに従うことも必要。
ホームステイは、学校で習った英語を実践するいい機会にもなります!今日こんなことを習ったんだよ!ってノートを見せたり、宿題の分からないところを手伝ってもらったりも。
ニュージーランドでの生活をスタートするにあたって、まずはおすすめのステイ先です。

 

→ホームステイについて、詳しくはこちら。
(見つけ方、気を付けたいこと、申し込み方についてなど)

 

フラットシェア

日本では馴染みが薄いフラット(Flat)シェア。部屋ごとに違う人が住んで、リビングルームなどは共同使用する滞在様式で、欧米の若者の間ではとても一般的な住み方なんです。

個別のベッドルームはありますが、リビングルームや、キッチン・バス・トイレは共同使用になります。家賃や電気・電話・インターネットなどの公共料金を人数分で割るので安くなり、家具や食器などが付いている場合も多いので、新たに購入する必要が無いので経済的。


ホームステイと異なり、それぞれが別々の生活をしているから自由がきくので、ニュージーランドでの生活に慣れてきてから移る人も多いです。一方、掃除・洗濯・食事・洗い物など、自分のことは自分で行わなければならず、外食ばかりするとホームステイよりも生活費が高くなることも…。

→フラットシェアについて、詳しくはこちら。

(探し方、フラットのルール、トラブルを防ぐための注意点など)

 

学生寮

学生寮は学校と同時に申し込みます。学校によっては学生寮があるところもあります。フラットシェアに近いですが、学校から近く、同じ学校の生徒と生活できるところが嬉しい。
料金はフラットシェアに比べると割高な場合が多いですが、光熱費は通常含まれています。

 

バックパッカーズ

バックパッカーズは主に旅行者が利用する簡易宿泊施設。毎日いろんな国から来た旅行者と交流できるの楽しいですが、フラットシェア同様、自分のことは自分でする必要があります。
長期で申し込むと割引になりますが、それでも個室だとフラットに比べて割高。でもシェアルームだと、毎日違う人が出入りしてるので、長期滞在するにはセキュリティが心配…。大人数でキッチンを使うので混みあう時間にはなかなか調理できないといった問題も。

 

ただフラットと違い1日からでも宿泊できるし、いろんな国の人と知り合えるので短期留学ならいいかもしれません。週末に旅行へ行く際、利用する安宿としてはオススメ!