銀行口座の開設・利用

ニュージーランドの銀行を開設・利用する

長期で留学する場合は、持ってると便利な銀行口座。必要な時に必要な分だけ引き落として使えばいいし、現金で持ち歩く必要がないので安心!ここでは、ニュージーランドの銀行と口座の開設、システムについて説明します。

 

 

ニュージーランドの銀行

ニュージーランドの銀行

銀行は街中やショッピングモールにある

ニュージーランドにも大小様々な銀行があります。大手の銀行としては、バンク・オブ・ニュージーランド(BNZ)やウェストパック(Westpac)、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ:Australia New Zealand Bank)、エー・エス・ビー(ASB)」など。また、日本の郵貯銀行と同じように郵便局と一体のキウイバンク(Kiwi Bank)があり、多くの留学生はこれらのいずれかの銀行で口座を開設しています。
大手銀行なら街中やショッピングモールなどにもATMが多くあるので便利!

 

銀行口座の開設

口座の開設は簡単です。パスポートと滞在先の住所証明があれば簡単に作ることができます。学生の場合は月の口座維持費が無料になることもあるので確認してください。


英語が苦手でも銀行の行員さんはみんな親切に対応してくれます。英語の練習と思って人に頼らず頑張って作りにいくのもいい経験になります!

 

エフトポス(EFTPOS)とは

ニュージーランドでは、エフトポス(EFTPOS)という銀行カードで直接買い物ができる決算システムが広く普及しています。
便利だし、使い方はとっても簡単!カードを通して、引き下ろし先口座の指定(Saving / Cheque)と暗証番号(4桁)を打ち込むだけ。また1ドル以上の買い物をした場合は、同時に現金を引き出すこともできます。


クレジットカードと違うのは、即時決算で自分の口座から引き落とされるシステムであること。口座にお金が入ってなければ使用できません。


レジで支払う時、財布からエフトポスカードを出した瞬間に店員さんがカードでの支払いだと察してすぐにレジを操作してくれるので、特別にカードで…と言う必要もありません。

 

インターネットバンキングを利用

ニュージーランドでは、日本以上にインターネットバンキングが普及しています。

インターネットバンキングは、銀行口座開設時に一緒に作ることができます。インターネット上で残高を確認したり、振り込みもできてとても便利です!

 

ATM利用・手数料について

ATMでの引き出しには、1日最大いくら(例えば800ドル)までといったふうに限度額があります。授業料や家賃の支払いなどで、それ以上の支払いが必要となる場合については、現金か、銀行窓口、もしくはオンラインでの支払いになります。


また、異なる銀行のATM利用での手数料だけでなく、ニュージーランドではプランによっては同じ銀行のATMの使用であっても手数料がかかることもあるので、確認してみるといいでしょう。

また口座維持費として、通常月5ドル程度かかります。

 

すぐに使わない分のお金を賢く運用しよう!

ニュージーランドは、年利のとても高い国です。日本は年利が0.1%しかないですが、ニュージーランドでは定期預金は3~5%あります。また、定期ではなくオンラインの口座に入れておくだけでも約2.5%の利息が付く場合もあります。

例えば、1年滞在する予定ならすぐに使わない10000ドルを利子が付くオンライン口座に半年間入れておけばそれだけで、125ドルの利息が付きます!(※実際には、利息から税金が引かれた額となります。)