NZ国内通話方法

ニュージーランド国内での通話

ニュージーランド内での通話は、市内通話か市外通話なのかにより無料か、通話料がかかるか異なります。ホームステイの固定電話から通話する場合は注意しましょう。

 

ここでは、ニュージーランド国内通話についてまとめました。

市内へ電話する

市内での固定電話同士の通話は通常無料です。市内通話であれば、初めの2ケタ(03や09など)を抜かして電話することができます。

 

ただし、周辺地域であれば市内でなくても市外局番が同じなので、一見しただけだと市内なのか市外見分けることができません。

 

そういった場合は、まずは市外局番を抜かして電話し、ダメな場合は市外通話なので、次項「市外へ電話する」を参考に、電話するとよいでしょう。

 

市外もしくは携帯電話へ通話する

市外へ電話する場合は、ホームステイの固定電話からは直接電話しないようにしましょう。トラブルのもとになります。

市外通話の場合は、コーリングカードを利用、もしくは、携帯電話から電話するようにしてください。

 

■固定電話から市外もしくは携帯電話へ通話する

固定電話から固定電話もしくは携帯電話へ通話する場合は、コーリングカードを利用します。

固定電話から市外の固定電話へ直接通話する場合、通話料は約$0.24/分、NZの携帯電話への通話料は約$0.39/分です。(※契約している固定電話会社およびプランにより異なります)

 

■携帯電話から通話する

携帯電話から通話する場合は、そのまま電話します。通話量は、$0.40/分~$0.50/分です。(※契約している携帯電話会社およびプランにより異なります)

コーリングカードを購入

コーリングカードは、スーパーや本屋さん、ホームセンターなどで購入することができます。

 

カードの種類も豊富で、Kia Ora CardやTalk Talk Card、Access Card、Yabba Card、Talk Plus Globalなど様々なものがあります。

 

最近は、携帯電話から携帯電話に安く通話することができる、 Chi Tel Cardや Island Timeといったカード、夜の通話が安いNight Owl Cardなど種類も様々です。

コーリングカードを利用して電話する

コーリングカードから電話する場合は、そのまま電話するのとは異なります。まずはコーリングカードの番号に通話し、さらにピンナンバーを押して通話します。

ピンナンバーはスクラッチになっているので、銀の隠れた部分を削って確認します。

 

通話の仕方はコーリングカード会社により異なりますが、コーリングカードの裏面に必ず説明が書いてあります。

 

■例えば、Kia Ora Cardの場合は以下のように電話します。

 

1.まずはエリアごとの指定の番号へ電話します。

    例)クライストチャーチからなら、9780103

2.言語を選択します。(英語の1を選択 : 日本語はありません)

3.カード裏面に書かれたPinナンバーを押します。

4.00の後に日本の国番号の81を押し、日本の番号の初めの" 0 "を抜かして残りの番号を押します。 例)0081 - 3 - 5678 ****