電化製品・電圧・変換プラグ

電圧・プラグ・電化製品

電圧・周波数

ニュージーランドの電圧は230 / 240 Vで周波数は50Hz。オーストラリアと同じ規格です。日本(100V)とは違うので、日本から電化製品を持ってきてもそのままでは使えないものが多いです。 でもニュージーランドは電圧が高い分、電子レンジやドライヤーもすごくパワフル。髪もすぐ乾いて嬉しい!

 

コンセントプラグ

ニュージーランドのコンセントニュージーランドのコンセント。横にオンオフスイッチが付いていることも多い。

ニュージーランドのコンセントプラグはハの字型で、電気屋さんでは、O型と書いて売っています。日本の電気屋さんで売っている変換プラグはハの字2つ穴用のものが一般的。

差し込み口は3つ穴(右の写真)が一般的ですが、下の縦穴はアースなので無くても平気!
もし買い忘れても、ニュージーランド国内のアジアのお店でも買えるので大丈夫ですよ。

 

電化製品

ニュージーランドの電化製品は230 / 240 V、日本の電化製品は100V。 対応していない電化製品を持ってきて、変圧器を通さずに誤って差し込んでしまうと一瞬で壊れるので注意!

日本からの電化製品で通常そのまま使えるもの
ノートパソコン、デジタルカメラの充電器、携帯電話(スマートフォン)、IPadなどのタブレット
通常100~240V対応となっているので差し込み口の変換プラグさえあれば充電できますが、差し込む前に一度確認するようにしましょう。

 

変圧器は必要?

基本的には必要ないでそう。でも、ニュージーランドにはないちょっとした便利電化製品があるなら持って行ってもいいかもしれません。ただ、 変圧器は使用する電化製品に合ったワット数のものが必要です。