フラットシェア

フラットシェア

フラット

フラットメイトとの交流も楽しみの一つ

フラット(Flat)シェアとは、部屋ごとに違う人が住んで、リビングルームやキッチン、シャワー、トイレなどを共同使用して住むこと。日本ではあまり馴染みがないけれど、欧米の若者の間では一般的な滞在形態です。


家賃や電気・電話・インターネットなどの公共料金を人数分で割るので安くなるし、家具や食器などが既にある場合も多く、自分で購入する必要が無いから経済的。


ホームステイと違うのは、それぞれが別々の生活をしているから帰宅時間など気にする必要もなく、自由な生活ができること。一方で、掃除・洗濯・食事・洗い物など、自分のことは自分でしないといけないから、面倒だからって外食ばかりするとホームステイよりも生活費が高くなることも。

でもいろんな国の人がいるフラットなら様々な文化も体験できたり、英語の勉強にもなります。友達を呼んでパーティーや庭でバーベキューをしたりするのも楽しいですね。

 

よく聞かれるのが、「最初の滞在をフラットにするかホームステイにするか?」
どんな留学・ワーキングホリデーにしたいのかで変わってきます。もし迷っていたら、気軽に聞いてください!

 

滞在費はどのくらい?

家賃は、オークランドで1週間当たり120~200ドル、クライストチャーチを含むその他のエリアで80~150ドルです。その他、電気代や電話第などが別途で週20~40ドルかかります。もちろん値段はその家に住んでる人数や家の新しさなど状態により変わってきます。食費は自炊すれば週50ドル程度。

部屋のサイズは、オークランドの中心地とかでなければ広くゆったりとして、大きな庭のある場所もあります。

 

flatでパーティー

たまに食材をもちあってみんなでパーティーするのも楽しい

どうやってフラットを探す?

インターネット(Trade meやNZ大好き)、語学学校の掲示板、口コミなどで見つけます。良さそうなフラットを見つけたら、まずはオーナーとアポイントを取ってフラットを見に行き、お互いに気にいれば入居することに。

語学学校のクラスメイトがフラットに空きが出たよ~って教えてくれて入るパターンもありますよ。

 

入居時にチェック!

・入居する時、Bond(保証金)として2~3週間分の家賃を支払うこともありますが、問題が無ければBondはそのまま返金されます。
・電気・電話・インターネットなどの公共料金の支払いについてや、分からないことは、小さいことでも前もって確認しておきましょう。フラットのルールなどもあるのか確認。

・リビングやトイレ、キッチン、冷蔵庫などの共同設備の利用や、掃除・ゴミ捨ては、フラットごとにルールがあります。これらをしっかり確認しておかないとトラブルになるので注意!