留学前の渡航準備

学校やホームステイの申し込みが済んだら、いよいよ渡航準備!
ここでは、ニュージーランドへ出発する前に何を準備・確認しておくといいかについて簡単にまとめました。

 

 

 

渡航情報の収集

オークランドまずはニュージーランドや目的の都市について、最低限の情報収集をしておきましょう!
最近はインターネットでも手軽に情報収集ができますが、「地球の歩き方」や「地球の暮らし方」といった書籍を持っておくと、インターネットが使えないときやちょっと調べたい時に何かと便利。
インターネットには古い情報も多いので、どれが最新の情報かしっかり吟味しながら収集することも必要ですよ。


ただ実際には現地に着いてホームステイ先や学校に行けば、情報は自然にどんどん入ってきます。なので、ほどほどの情報収集で十分。

留学前の準備などで調べて分からないことがあれば、気軽に質問して下さい!

 

 

お金の持ち込み・換金方法

ニュージーランドへのお金の持ち込み方はいろいろありますが、どれくらいの金額をどのように持って行くかによって、数万円変わってくることも・・・。それこそ100万円の換金でもらえる額が1000ドル以上変わってきます。1000ドルも違えば、学校に3週間も長く通えてしまえます。
そんなことが無いように、お金の持っていき方、換金の仕方についてはしっかりチェックしておきましょう。
→お金の持ち込み方法についてはこちら

 

 

クレジットカードの準備

クレジットカードは絶対に必要・・・というわけではありませんが、ホテルやバックパッカーズといった宿泊施設の予約やレンタカー予約するときに、クレジットカードが必要になることが多いので、作っておくことをオススメします。
また、手持ちの現金が無い場合のショッピングや、緊急で現金が必要になった場合などの現金引き落としのキャッシングとして利用することもできるので、安心のために持っておのもいいでしょう。
クレジットカードを作るのであれば、VISAやMASTERカードならまず問題ありません。 JCBカードは利用できないこともあります。

 

 

運転免許証の準備

日本の運転免許証と免許証の英文訳(運転免許抜粋証明)を携帯すれば1年間の運転が可能なので、国際運転免許証が必ず必要というわけではありません。
また、ニュージーランドでは日本の運転免許証を所持しており、取得後2年以上経っている人であれば、筆記試験および実技試験無しにニュージーランドの運転免許証を取得することができるので、作ってしまうのも手!

→ニュージーランドで運転するのに必要な運転免許証

 

 

国際学生証の準備

国際学生証は、中学生・高校生・大学生などであれば申請できます。 カードサイズで身分証明証としても有効ですし、ニュージーランド国内の映画館や博物館など様々なサービスが学割料金で利用することができるようになるので、作っておくと便利です。

国際学生証の発行は、生協などで作成することができます。 発行には申請書、写真、学生証のコピー(在学証明書、休学証明書)、発行手数料(1430円)が必要です。

詳しい申請方法、発行場所、申請書類のダウンロード等については、下記のホームページをご確認下さい。
→国際学生証の発行について

 

海外旅行(留学)保険の手配

ニュージーランド滞在中に医者にかかったり、盗難にあった場合に安心なのが海外旅行保険です。
ニュージーランドでは、留学生が語学学校などに入学する場合、通学期間をカバーする海外旅行(留学)保険に必ず入っていなければなりません。

日本の海外旅行保険だと1年で15万円ほどしますが、ニュージーランド・オーストラリアをカバーするUni-Care保険なら日本の海外旅行保険に比べ半額以下で加入できるので、日本からも多くの学生が利用しています。

 

【クレジットカードに付いている保険じゃダメ?】

クレジットカードには付帯保険として海外旅行保険がついてくることがあります。 ただ期間も決まっており、適用条件があることも。 また、携行品への保険が付いていなかったりと補償内容をしっかり確認する必要があります。

短期留学ならそれで済ませてしまうこともできますが、確実なのは海外旅行(留学)保険に別途入ること。

学校の開始初日に海外旅行(留学)保険を学校に見せる必要があるので、当日は持参するようにしてください。

 

 

日本の携帯電話は解約する?

携帯電話については、どの程度長期で留学するかで解約する方がいいのかが異なります。解約すると、料金プランによっては多額の解約手数料がかかってしまい、安いプランに入り続けた方が安い場合もあるんです。

ニュージーランド国内に来たら、NZの携帯電話を使用した方が断然通話料が安く便利ですが、日本からの緊急連絡用の電話として両方所持しておくのも手。


 

公共サービスについて

ガス、電気、水道、NHKについては、一時的に利用を停止させておくこともできますので、それぞれにお問い合わせください。
郵便物がポストに溜まると、長期不在にしていると思われるので防犯に良くありません。 1ヵ月程の短期留学であれば郵便局で保管をお願いし、それ以上になる場合は、郵送先を家族の家したり、インターネットでの明細に変更できるものはしてしまうなどの手続きをしておきましょう。

 

 

歯の治療

ニュージーランドでの歯の治療は日本と比べてとても高いので、長期で滞在する予定なら日本を出発する前には必ず治療を受けてください。 虫歯を治療するのに1本200~300ドル、神経の治療だと1000ドル以上かかります。 海外旅行保険では虫歯の治療はカバーされません!
ニュージーランドで歯医者に行った時の記事(別窓)


 

ノートパソコン

通常、語学学校には通常パソコンが設置されており、自由に利用することができます。またニュージーランドの主要都市なら、インターネットカフェや無料で利用できる図書館もあるので、ちょっと調べ物をしたり、メールをチェックしたりならどこでもできます。なので、必要かどうかは本人次第!


ただ、デジタルカメラのデーターを保存したり、インターネットでいろいろ調べ物をしたりする場合にあると何かと便利。最近は軽くて駆動時間も長く価格も5万円以下と安いネットブックや、軽くて性能も高いウルトラブック、Ipadのようなタブレットも。

 

携帯電話

携帯電話は、短期留学の方は日本の携帯電話を持ってくる人も多いです。ただし、自分からかけることができても、ホームステイのホストファミリーや、ニュージーランド国内で出来た友達がかけるには面倒ですし料金も高いので、相手にとっては意外と迷惑。

ニュージーランドでは、テキストと言われる携帯間メール(E-mailでは無いです)が広く使われていて、年齢に問わずホストファミリーからの連絡や、友達同士の連絡もこれですることが多いんです。
なので、ニュージーランドの携帯電話を持つことをオススメしています。

ニュージーランドの携帯電話についてはこちらを参照

 

留学前の英語の勉強

日本で準備しておく英語の勉強は中学、高校で習った英語の復習が基本です。もし英語がすごく苦手だったという人は、中学1,2年の英語の復習をしておくだけでも語学学校に通い始めてから伸びが全く違います!

ニュージーランドに行く前に英会話教室に少しでも通っておいた方がいいの?という質問がきます。

お金にかなり余裕があればそれでもいいと思いますが、日本で高額な英会話教室に通うなら、その分の予算をニュージーランドで語学学校に通う期間を延ばしたり、ホームステイの滞在期間を少しでも延ばすのに使ったほうが経済的。 日本で週に1時間だけ英会話をするよりも、ニュージーランドで学校に通いホームステイをすれば1日中英語に触れるので、英語力の伸びが圧倒的に違います。

 

 

服装の準備

クライストチャーチニュージーランドは日本と同様に四季があります。でも冬は東京と同じくらい寒くもなりますが乾燥しなく、夏は湿度が低く最高気温も30度程度と日本ほど暑くはなりません。  
ただし、1日の中に四季があると言われるほど気温差は大きく、夏場でも夜になると冷え込むことも。 夏だからといって夏服しか持って来ないでのはなく、持ち運びの楽な軽いジャケットやブラウスは持ってきましょう。

 

 

他にあるといいもの

日本にあるものとは多少異なるにせよ、ほとんどのものはニュージーランド国内で手に入ります。 ただし、医薬品や化粧品、女性用品については合わないこともあるので、自分にあったものを持ってきた方がいいかもしれません。

いずれにせよ、あれもこれもと思って持って来ようとすると、スーツケースがいっぱいになってしまう原因! 飛行機の重量制限にも引っ掛かる可能性も。 なのでほどほどにして、あとは現地での調達するか、送ってしまいましょう。