ビザの種類
ビザの種類

ビザの種類

ニュージーランドへ留学するためには、
1.観光ビザ

2.ワーキングホリデービザ

3.学生ビザ
のどれかが必要! それぞれ目的が異なっており、留学期間によってどのビザが必要か違ってきます。ここでは、期間ごとにどのビザが必要なのかを簡単にまとめました。(ビザ情報については、ときどき変更もあるので、最新情報は公式サイトを確認するようにお願いします。)

観光ビザ(ビジタービザ)

申請の必要なく3ヵ月滞在できる

ニュージーランドは、日本人であれば入国時に自動的に3ヵ月間の観光ビザがおります。

3ヵ月まで学校に通える

観光を目的としたビザですが、3ヵ月(12週間)以内であれば、学校に通うことも可能。そのため、夏休みや春休みなどの長期休暇を利用した留学などであれば、ワーキングホリデービザや学生ビザをわざわざ申請しなくても、パスポートさえあればニュージーランドへは簡単に留学できます。

9ヵ月まで延長できる

観光ビザは、ニュージーランド入国後に9ヵ月(例外として最大1年間)までの延長も可能。ただし学校に通える期間は、3ヵ月間までなので、それ以上の就学については学生ビザまたはワーキングホリデービザが必要です。

観光ビザで留学する場合の流れはこちら!

学生ビザ

3ヵ月以上の就学が可能!

学校に3ヵ月以上通う場合に必要なビザです。就学することを主な目的としているので、フルタイム(週20時間以上)のコースに通うことが必須となっています。

申請時期と、学生ビザの取得できる期間

学生ビザの取得には学校への入学許可証と学費の支払い証明書が必要となるので、学校のお申し込み&お支払が済んだ後の申請となり、学生ビザが下りるのは学校へのお申し込み期間と同じになります。

条件次第で働くことも可能!

大学や専門学校などの高等教育機関への学位取得目的での就学の場合、週20時間までの就労が認められています。また、語学学校でも条件が認められれば、週20時間まで働くこともできます。

 

学生ビザで留学する場合の流れはこちら!

ワーキングホリデービザ

ワーキングホリデービザとは?

ワーキングホリデービザとは、青少年に対して海外の文化や一般的な生活様式を理解してもらうことを目的としたビザ。国内での滞在費を補うための就労も認められています。

ビザの取得は30歳までと限定されていますが、自由度が高いので、どのタイミングで利用するかを考えるのも重要!

自由度がとても高いビザ

どこに滞在しても、どこを旅行しても、どこで仕事をしても、どの語学学校・専門学校に通っても良いという、とても自由度の高いビザです。

ワーキングホリデーで仕事のできる期間や学校に通える期間は国によって異なっていますが、ニュージーランドはワーキングホリデーを認めている国の中でもさらに自由度が高いです。

半年間まで学校に通える
ワーキングホリデーでは、半年間の就学が認められています。学生ビザとは違い、半年間までであれば、好きな時期にどの学校へ通ってもOK!


仕事は無制限

ニュージーランドのワーキングホリデーでは、就労期間は無制限で認められています。また3ヵ月間のフルーツピッキングなどの季節労働を行えば、さらに3ヵ月間の滞在期間を伸ばすことができます。

 

このように自由度が高い分、学校に半年通った後に仕事を3ヵ月して、貯めたお金で3ヵ月旅行するなんてこともできます。

 

ワーキングホリデービザで留学する場合の流れはこちら!

 

 

※現在ニュージーランドでは、正式な資格を持った移民アドバイザーもしくは弁護士以外のビザのアドバイスは禁止されているので、留学エージェントではアドバイスできません。

ニュージーランド航空の予約サイト