Working Holidayとは
ワーキングホリデービザで留学

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデービザとは、18歳から30歳までの青少年に与えられる特別なビザのこと。 仕事をしても、旅行にいっても、語学学校に行ってもいい、自由に1年間を過ごせる自由度の高いビザです。

国によって、学校に通える期間や仕事のできる期間はまちまち。ニュージーランドの場合でいうと、学校へは半年間通うことができ、仕事については制限はありません。なので、バイトをしながら学校に通うなんてこともできます。

ワーキングホリデービザの取得について

ワーキングホリデービザの申請は、ニュージーランド移民局のホームページから行えます。入力フォームは全て英語で大変そうに見えますが、やってみると意外とできるもの。 ニュージーランドへ行ったらどの記入するフォームも英語ですし、フォームに慣れるためにも、まずは自分で試してみてください!
もし分からない場合は、日本にあるニュージーランド大使館のホームページからメールで問い合わせることもできます。

申請手順について

申請手順については、ワーキングホリデー協会のホームページを参考に、ニュージーランド移民局のホームページから申請することができます。申請は全てホームページ上で行います。
ワーキングホリデー協会ホームページ
ニュージーランド移民局ホームページ

ビザ取得にかかる日数

1ヵ月位の余裕をみておきましょう。 実際、書類が揃っていれば2~3週間というのが一般的ですが、ニュージーランドへの留学には健康診断書の提出も義務! 指定病院の予約や診察結果が出るのに時間がかかることもあるので、健康診断の期間も含めて、1ヵ月くらいの余裕を見ておきましょう。

ビザ申請にかかる費用

ニュージーランドのワーキングホリデービザは、日本国内から申請(オンライン)する場合は無料です。ただし、X線と健康診断の費用として別途4000円(X線のみ)~1万円(X線と健康診断の場合)ほどかかります。

 

健康診断について

ワーキングホリデービザ申請に必要なX線および健康診断は、指定の病院で行います。

指定病院一覧はこちらを参照(別窓:移民局サイト)
(ボックスにJapanと入力すると一覧が表示されます。)


 

※ニュージーランドではビザについてのアドバイスを弁護士か正規の移民アドバイザー以外が行うことは、法律で禁止されています。 ただし、アドバイス以外の簡単な質問(英語の意味が分からないなど)については答えることができます。
 

ニュージーランド航空の予約サイト