ニュージーランド留学情報

ニュージーランド中学・高校留学の魅力とは

なぜニュージーランド留学

ニュージーランドを中学・高校留学の留学先として選ぶ理由として、先進国で英語圏というのもありますが、安全な国、生活し易さ、人柄の良さ、教育環境の良さ、いじめや人種差別の少なさなどがあります。

安全・安心な国ニュージーランド

ニュージーランド留学の魅力の一つが、安全であるということ。ニュージーランドは先進国なので生活水準も高く、衛生面も日本と一緒。治安も良いですし、移民の多い国のため差別に対しては国を挙げて厳しく対応しているので、安心して留学させることができます。

ニュージーランド人はフレンドリー

ニュージーランド人はキウイとも呼ばれており、性格はおおらかでフレンドリー、日本人に対して友好的な人が多いです。

いじめや差別が少ない

ニュージーランドには、様々な国からの移民が多く、20カ国以上の国をルーツにもつ生徒が通っているという学校も珍しくありません。
そのため幼稚園から小中高と、毎年学校内でインターナショナルウィークがあるなど、海外の文化に触れる機会も多いので留学生に対する理解も高く、生徒たちも気兼ねなく話しかけてくれます。また選択科目として日本語が含まれている学校も多ので、そこから友達を作ることもできます。

素晴らしい教育環境

中学・高校留学が人気な理由に、教育水準が高く、落ち着いた環境で学ぶことができることも挙げられます。一クラス当たりの生徒数も20~25人程度と少なく、学校では生徒一人ひとりの個性を大事にする教育が行われています。

授業は日本のように詰め込み型ではなく、自分で考え、他の生徒と話し合うことを重視しています。クラスによって全く異なった教室配置で、決まった型というものがありません。そんな自由な雰囲気だからこそ、個性を伸ばし、想像力を高め、自己主張のしっかりできる人に成長していきます。

選択できる科目が多い

ニュージーランドでは、選択できる科目の幅がとても広いです。
国語(英語)、数学、理科(物理・化学・生物)、社会(地理・歴史、経済)、音楽、美術といった一般的な科目だけでなく、ビジネススタディ、アカウンティング、メディアスタディ、デジタルテクノロジー、フォトグラフィ、ドラマ、ダンス、アウトドアエデュケーション、フードテクノロジー、ホスピタリティ、語学(スペイン語、フランス語、中国語、日本語、マオリ語)などなど、日本の高校では学ぶことができない授業があり、興味のあることを学べる自由度の高いカリキュラムになっています。

また留学生を受け入れている中学・高校には、留学生など英語を母国語としない生徒への英語授業(ESOLプログラム)もあるため、英語力が低くても安心して入学することができます。

留学費用が安い

ニュージーランドは留学費用も他の英語圏の国に比べ安いことも挙げられます。1年間の留学費用は授業料・ホームステイ代・現地サポート費を含め約3万ドル(約230万円)からです。